会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社ホームページ作成のための裏技ツールやマニュアルってどんなものがあるの?

さて、今回は会社向けのホームページ作成の裏技です。

 

2019年もなんとかコアアップデートに負けずに月に7桁以上をキープできています。

 

で、私が次々参入してくる強力なライバルを押しのけ、何とか個人で頑張ってこれたのはひとえにツールを使いこなし100人分の仕事を1人でしたからです。

 

また、同時に、必要なマニュアルにはきちんとコストをかけて投資し、時代に追いつけるように常に勉強しているからだと思います。

 

では、実際にどんなツールやマニュアルがあるのか?ちょっと考えてみましょう。

 

最も重要視したのはライティング!実力のない人はマニュアルも読もう

 ブログにせよ、ホームページにせよ、文字が書けない人は致命的。PPCと動画、音声などは別にして、文字情報でHPを作る以上、この技術を高めることが一番の近道です。

 

集客能力、デザイン能力に関してはお金を出せば買うことができますが、最終的に人を動かすのは文章です。

 

ここを鍛えるために私はめちゃくちゃ投資しています。

 

 

  • 客を感動させ成約率を高めるコピー教材
  • 論理的に意見を構築し相手を説き伏せて買わせるテクニック
  • 新しい情報を知らせ、サプライズとともに商品へと誘導するコピー
  • とにかくお客さんと先に仲良くなって後はちょっと紹介するだけで売る戦法

 

会社ホームページ作成のためにこういうものを読んでます。

 

書籍でもnoteでもコピーライティングと名の付くものがあればとりあえず買って読む。1万円以下ならここに投資は惜しまなかったのがでかいです。

 

ショップ系は商品発見ツールがあると便利

 

次に新商品開発、または既にある商品のニーズを探ったり、ライバルを発見するための裏技ツールもありますよ。

 

実際に作ってみたところで損益はどれくないなのか?全て調べ上げて、そして自分の興味関心に合わせて記事を決めるというのではいくら時間があっても足りませんね?

 

それを補助するのが商品発見ツールやキーワード発見ツールです。

 

SEOにも大きくかかわってきますが売れる商品を売れるキーワードで作ってやることがネットで稼ぐ近道です。

 

たまたま売れた!というのと狙って売った!というのではビジネスにおいて物凄い差ができてしまいます。

 

もちろん偶然が左右するというのが、ビジネスの醍醐味であるのですが、自分で企画して計算して売っていく。その作業を大きく手助けするのが「発見系」ツールです。

 

 

  • A8,楽天,アマゾンなどから売れ筋商品を自動で選んで並べてくれるツール
  • ライバル会社が月に何個売れているか?調べてお届けしてくれるツール
  • 売れそうな商品を生産者側とコンタクトを取り送ってくれるツール
  • ライバルが少ないサイトを発見してくれて教えてくれるツール
  • 実際にプロが書いた記事と商品を送ってくれる有料メルマガに近い物

 

マーケティングができない人は集客ツールが必須!

f:id:find-search:20190404113544p:plain

いくらいい記事を書けても、それが誰にも見られないのであれば、ネット上では世の中に存在しないものになってしまいます。

 

だから記事でも広告でもあなた自身でも何でも良いので、露出度を高めるというのは会社ホームページの運営において必須のスキルとなってきます。

 

これをアクセスUPとか集客とかマーケティングと呼ぶのですが、それを補助するツールが沢山あります。

 

例えばツイッターから集客をするツールがある。無料ブログから自動集客をするツール、フェイスブックから、MIXIから集客するツールなどざまざまありますよ!

 

最近はユーチューブ,LINE,ニコニコ動画などありとあらゆるSNSから皆さんのサイトにアクセスを集めるのです。

 

もちろんリアルビジネスでスーパーのチラシ掲載コーナーを使ってもOK!

 

駅の中吊り,新聞広告にだってみなさんの会社のホームページややブログURLを載せることは可能です。

 

ただ、それぞれの場所で違った人が集まっているのがネットの世界です。

 

フェイスブックの客層と2chの客層は全然違いますね?

 

自分がどんな人と相性が良いのか?それをまず見極めて、相性の良い人を集める集客ツールを使いこなすというのもかなり大切なスキルになってくるのです。  

 

  • ツイッターから自動でアクセスを集めてくれるツール
  • フェイスブックの友達を自動で作ってくれるツール
  • ミクシー足跡を残したり、いいね!ボタンを押してくれるツール
  • アメブロに読者登録したり自動でペタを押してくれるツール
  • ユーチューブに自動で動画を投稿して読者を引っ張るツール
  • 被リンクを半自動で作ってくれるツール

こういうのを使いこなすんです。

 

全部使うんじゃなくて自分の必要なところだけ使う。最近私はクラウドでエンジニアさんにお願いして、自前でツールとか作ってもらうようにしています。  

 

会社のホームページはデザイン力で決まる!

 

最近は無料ブログ自体にある程度のデザイン力もありますし、ほとんどお金を使わなくてもカッコいいHPが作れる時代になってきましたが、見た目のインパクトというのは非常に大切です。

 

それだけで世界が変わってしまう一枚の写真はどこかにあるものです。

 

所謂一目ぼれというやつですが、それを引き起こす手助けをするのがデザインテンプレートというものです。

 

これがなぜ必要か?を考えるのに格好の例は「洋服」です。

 

制服は別として、平日私服で外に出歩いている時、みなさんは自分と全く同じ服装をしている人を見てうれしいと思った事がありますか?

 

「もうあの服を着るのはやめよう」と思うのではないでしょうか(笑)

 

それと同じことが無料ブログでは良く起こってしまいます。私は企業や会社のホームページに関しては動画系の有料ワードプレステーマをおすすめしています。

f:id:find-search:20190404113718p:plain

 

時間がない人はすべての作業を外注化しよう!

自己資金はある程度確保できる!でも自分には作業の時間が無いという人もいますね!会社といっても規模がありますので、個人レベルではすべてをマスターしている時間がないかもしれまs年。

 

 このような人は完全な外注でホームページ代行業者に頼んでしまうという手段もあります!ただし自分が全く経験したことがないこと全てを外注化しようとするのは博打に近いものがあります。

 

一ページ数万円などかなりぼったくりをする業過者もあるので注意です。

 

  • デザイン代行
  • SEO代行
  • 写真収集代行
  • 見出し作成代行
  • ライティング代行
  • ツイッター代行
  • インスタ代行
  • ユーチューブ代行

 

さがせばめちゃくちゃありますよ?

 

世の中にはいろいろな不便をなくしてくれる外注化作業はありますが、それは自分が実力を伴ってからです。

 

これらのツールやマニュアルのなかで無料で使えるものはコチラにまとめました。よかったら参考にしてください♪

 

制限はありますが文字通り1円もかかりません。

 

会社ホームページの記事ネタを外注化すればコンテンツ不足は消えてなくなる!

みなさんこんにちは。最近大手から中小企業まで独自のメディアを持つところが増えてきましたね!

 

会社のホームページがなければ、グーグルマップにも載せられないし、無料で使えるYouTube。フェイスブック、TwitterなどのSNSとも連動をさせて集客することができません。

 

オウンドメディアなんて言いますが、今や中小企業でも自社メディアを持つことは将来の生き残りのためにも必須となってくるのではないでしょうか?

 

ただ、そうは言ってもウェブ制作会社などでなけば、自社のホームページを任せられる社員などいないし、

 

サイト作成のノウハウを知っている人も身近にいないのでコンテンツをどうやって入れていけば良いのか分からないという悩みもあるでしょう。

 

そんな会社におすすめなのが、ホームページのコンテンツを外注化して、他人に完全に任せてしまうことです。

 

その流れや仕組みについてちょいと解説してみます。

 

f:id:find-search:20170604234110p:plain

 

会社ホームページの記事ネタは社員以外に外注化して任せてしまえば良い

とにかく時間がない人はウェブ集客に監視してはツールを使うか人手を使うかしてコストを削減しながら宣伝しなければなりません。

 

私自身株式会社を持ってますし、そちらの方の集客に関して毎日毎日自分で記事を更新する時間などはありません。

 

そこで選んだのがプロのライターさんをクラウドサービスで雇ってしまい、外注化する方法です。

 

流れはそんなに難しいものではないです

 

  1. 先に自分でホームページのカスタマイズやデザインを決める
  2. 会社のサービスやコンテンツに関する記事をタスクで集める
  3. 集めた記事をワードプレス編集者を雇って募集する

 

3ステップで行けるのではないかと思います。まず致命的になるコンテンツ不足はランサーズで100記事ぐらい集めてしまえば大丈夫です。

 

会社のテーマと一致するお役立ち記事を2000文字ぐらいで、500円~1000募集すれば、わずか1週間を待たずして集まってきてしまいます。

 

美容系ネタ、建築ネタ、医療ネタ、食品ネタ、人材ネタ、なんでも大丈夫です。ある程度のボリュームがあればホームページの強いバックリンクにもなり

 

SEO対策にも効果がありますし、しかもそこに広告を貼っておけば収益化までしていしまいます。

 

会社のホームページの記事ネタ企画やアイデアだって外注化できる時代

こういうことを書くと、わが社のサービス内容はブログに書くようなネタにはならないのではないか?などと心配する人もいますが、実はその心配すら外注化してクラウドサービスでアイデアを募集することが可能です。

 

1案件100円程度で一般の人に面白い企画をしてもらうだけです。中にはボツ案件もありますが、社員だけで考えて数時間無駄な会議をするよりも、一般募集をした方が思いもつかないアイデアが集まることがある。

 

外注化は会社のホームページにイノベーションを起こします

今の時代自力本願よりも他力を如何に使うのか?webに散らばる膨大な情報を如何に編集するか?の方が企業成長のためには重要な要素なってきているのです。

 

外注化を覚えると私が言っている意味が良く分かると思います。人件費は削れる部分はどんどん外部化して削ればよい。

 

本当に必要なことだけに特化しないとこれからの時代は生き残っていけないのではないでしょうか?

 

f:id:find-search:20170531214024p:plain

 

時間の大切さを感じている方は、試しに外注化を検討してみてください。法人であれば経費で切れますし、やって見ると恐るべき効率化ができることでしょう。