会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社のホームページと個人ブログの書き方の違いに注意しよう!

会社のホームページは、個人のブログサイトとは異なります。そこで、ホームページに普通の日記を書いていては、その会社ホームページは、仕事をなしていないとなるのです。


なぜなら、会社ホームページに訪れる人は、その会社で働いている人の日記なんてわりとどうでもいいことなのですね。


日記を書くにしても、その会社で製造している商品の宣伝をしたり、自社サービスの魅力を書いたりした方がいいでしょう。

f:id:find-search:20160329101617j:plain

会社用ホームページの書き方コツは?


会社ホームページの書き方のコツですが、わかりやすい文章で書くことです。
例えば、その業界内で使われるような専門用語だらけで書かれていれば、あれ、日本語が読めないぞ、となります。

 

誰が読んでもわかりやすい、専門用語なんてないわかりやすい言葉で書かれた文章になるように書きましょう。

 

難しい専門用語だらけですと、誰もその会社のホームページへアクセスをしたがりません。結構知らないうちに使っている小略語、カタカナ語には要注意です。

 

f:id:find-search:20160329101642j:plain


また、文字だらけにしないようにしましょう。文字だらけのサイトでは、それだけで損をしています。面白味のない会社だと思われても仕方がありません。


そのため、会社ホームページを作る際は、見やすいように写真1から2枚程度使っておきましょう。そうすれば、誰でも見やすいホームページとなります。

 

サービスと強みをトップページに詳しく書く


ホームページにアクセスする人の興味は、その会社がどのようなサービスをしているのか、また強み、メリットを見たいからです。


中にはこのようなことをトップページに全く書いていないホームページもありますが、そのようなホームページに訪れる価値はないといえます。

 

わざわざ調べるくらいなのですが、会社の住所や社長のビジョンのみならず、サービスや強みを詳しく書いておきましょう。

 

その会社を一言で表すキャッチコピー。これがないと会社のホームページは機能しません。

 

f:id:find-search:20160329101826j:plain

 

どこかに必ず書いておいた方がいいものは?


会社のホームページに必ず書いておいた方がいいものは、自社サービスの魅力、会社の経営ポリシー、社長のビジョンです。
つまり、あなたの会社は何をしている会社なのですか、という疑問を見事に解決してくれるようなものがいいのです。


アクセスする人は、それが知りたくてサイトへ訪れるのですから、そのあたりを重点的に書いておくことが必要となります。

 

自社の強みがわからないときはどうすべきか?


初めてホームページを作るとなりますと、自社の強みとははたしてなんぞやと、悩むことがあるのです。
そのような場合、適当に書くのではなく、外部のコンサルタントに会社の特徴などを分析してもらうというのも手です。

f:id:find-search:20160329102004j:plain

会社ホームページの書き方まとめ


会社ホームページとは、その会社についての情報が知りたいのです。
つまり、その会社が提供するサービス、経営ポリシー、他社と比較をしたときの優位性となります。


また、専門用語の多い業界だとしても、サイトへアクセスする人がその専門用語を知っている可能性は低いので、誰が読んでもわかりやすい言葉で書くようにするといいですね。


また、見ていて飽きないように、文字の量は少なくして写真を多く使うというのがいいでしょう。