読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

反応をとりやすい会社ホームページの構成とデザインとは?

良質な記事を書いたり、会社のホームページのデザインをあれこれいじったりするのは、反応が取れるホームページにするためです。

 

しかし、お客さんの反応が取れないときには、どうしても内容をさらに良くしなければならないと考えてしまいがちですね?

 

ホームページを作るのは、何かしらの情報やものを購入してもらうためですよね。そこで内容をさらにブラッシュアップして、先鋭化させることで、反応が取れるかといえば、そんなことはありません。

 

f:id:find-search:20160322150357j:plain


ホームページに載っている記事は良質に越したことはありませんが、記事の内容をさらに良質に変えなくても、ホームページの見た目を変えれば反応が取れるということがあります。この逆も然りです。

 


アクセスするお客さんは、ホームページの総合的な内容で判断を下します。つまり、何か一つのコンテンツの質を高めたとしても、実は特別な意味はありません。

 

ホームページ全体の質を向上させることが、反応の取れるホームページになる要素なのです。
ライバルのホームページを見て、自分のホームページに何が足りないのかを考えることがいいですね。

 

会社のホームページの見た目は超重要


人間は他人を評価するときに、外見を重視しますよね。どんなに心が優しい人でも、見た目が怖そうな人でしたら、怖い人との印象を抱いてしまいます。


ホームページにおいても見た目は重要で、如何にして視覚的にアピールするのか、ということをまずは重視しましょう。

 

動く画像、ユーチューブ動画、目を惹く写真がきちんと入っていますか?

 

gifs.com

 

・・・これを使うと簡単にユーチューブ動画が動きます。

 

 


ホームページのデザインを重視すると、反応が取れやすくなります。記事の質をさらに良くするのは、第2の手段として、第一の手段はデザインを他のホームページと似ていない独自の色を前面に出してアピールをしていくことが重要です。

 

会社ホームページのデザインはファーストビューを重視しよう!

 

ファーストビューというものですが、ホームページへアクセスをした際に、最初に見える場所を、ホームページではヘッダー画像をおいておくと、アクセスしたお客さんの印象が異なってきます。

f:id:find-search:20160322151510g:plain


このファーストビューを考えてホームページを作りませんと、反応が取りにくくなります。アクセスしたお客さんは数秒でそのホームページは自分にとって必要な情報を載せているホームページなのかを判断するのですね。

 

cinemagraphs.com


そのため、現在のホームページでアクセスしたお客さんの反応が、うまく取れないというのは、ファーストビューが原因なのかもしれません。ファーストビューを改善することで、反応も大きく異なってくるといえます。


記事の内容を精査するのではなく、ファーストビューのデザインをいじることが、反応率アップの近道といえます。

 

わかりやすいホームページ構成にしよう!


会社のホームページを作る際には、わかりやすい構成にしておきませんと、アクセスしたお客さんから反応を得るのは難しくなりますね。労力をかけて探すよりも別のホームページへ行った方が楽ですよね。


お客さんに伝えたいことを選別してアピールしていくということも、ホームページを作成する際には必要となります。