読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社ホームページのコンテンツマーケティングの基礎の基礎

マーケティングとは、事業するにあたり成功させるために行うすべての活動のことです。ホームページを使ったマーケティングはWebマーケティングと呼ばれますが、Webマーケティングとは、ホームページに誘導して情報を見てもらうということがポイントになりますよね?


会社のホームページにお客さんが来てくれたら、有用な情報を与えることができるのに、なぜかお客さんがやって来てくれない、というのはマーケティングの手法を間違えている可能性があります。

f:id:find-search:20160322135336j:plain

マーケティングにおいて重要なことは?


マーケティングにおいて重要なこと、特にWebマーケティングにおいては、他者との差別化が重要になってきます。ホームページに載せる内容が同じならば、ライバルのホームページをよく確認して差別化をしないといけないというわけですね?


例えば、ライバルと同じようなデザインのホームページを作って、同じようなコンテンツを載せていれば、ライバルのホームページとお客さんを取り合ってしまいます
つまり、ライバルと似たようなデザイン、似たようなコンテンツで勝負をしては、Webマーケティングでは間違いといえるのです。

 


勝負をするのであれば、ライバルとは異なるデザイン、異なるコンテンツで勝負を仕掛けるということが重要になってくるというわけです。

 

ホームページに求められる情報を掲載する


ホームページへ来てもらうためには、有用な情報をホームページに掲載することです。他のホームページとの差別化の一つとしては、他のホームページにはない情報を載せるということが必要です。

 

例えば社員の行動記録、プライベートな情報、具体的な活動内容などが代表的です。


このコンテンツによって、ライバルのホームページよりも魅力的になる可能性が出てきます。

 

例えば当ブログのような「はてなブログ」を使った成功例です

 

hanoblog.com

 

こちらは整体師さんのホームページ

 

zi-gen.com

 

どちらも100万PV以上です。

 

ホームページを作るときに気にすることは?


ライバルと同じようなマーケティング方法では意味がありませんね。そこで、ホームページを作る際はライバルのホームページを見て、どのような見栄えになっているのかを確認しておくといいでしょう。


また、コンテンツに対してもどのようなメッセージ性なのかを確認しておくことも重要になります。同じメッセージ性では、ホームページへ来たお客さんとしては、特別な魅力を感じることはなくなってしまいますよね。


他のホームページでは取り上げられていない切り口というのが重要になります。
そこで、まずはライバルのホームページを見て、どのようになっているのかを分析するといいですね。

 

hoken-kyokasho.com

 

道しるべを作る


道しるべというのも重要で、どんなに素晴らしいデザインのホームページを作ったとしても、他のホームページと異なるメッセージ性を持たせたとしても、ホームページに来る人がいなければ意味がありません。


そこで、ホームページにお客さんが来てくれるよう、道しるべをしっかりと作るということも、Webマーケティングにおいては重要なことになります。


例えば、お店のホームページを作るにしても、お店の名前を直接検索するという方は少ないので、どのようなお店なのか、複数のキーワードを道しるべとして設定しておくことが重要となるのです