会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社のホームページは写真やイラスト画像が多すぎてもダメ!

会社ホームページを作成する際には、どんな画像をどのぐらい入れたほうが良いのか悩むことが多いものです。

 

もちろん、まったく絵がないサイトよりは、適度に写真やイラストが掲載されているサイトの方がお客様にとっては見ていて楽しいですし、商品やサービスなどは具体的にイメージしやすくなるので、掲載することによってお客様と商品との距離を縮めることができます。

f:id:find-search:20150614111854j:plain

 

しかし、掲載することが直接的に企業の利益につながったり集客力につながるというわけではないので注意しましょう。

 

写真やイラストは効果を考えてないと来店が遠退く原因に

画像を載せたほうが良いのか?と頭を悩ませたら、まずは会社ホームページの目的を考えてみてください。

 

商品を販売したり、サービスを提供する場合には、あらゆるイラストを掲載したほうがお客様が具体的に商品やサービスをイメージできるので、それはプラスの効果が期待できます。

 


しかし、絵画を販売するために写真を載せたり、画廊に足を運んでもらいたい場合などには、写真を掲載することが必ずしもプラスに作用するわけではありませんし、マイナスに働いてしまうこともあるかもしれません。

 

例えば、最近ではめっきり少なくなってしまった紙ベースのパンフレットをイメージしてください。

 

いろいろな商品の販売を行うショップが作るパンフレットには、写真もたくさん載っていますが、商品説明もしっかりと行われているはずです。

 

また、パンフレットを見たことで画廊や美術館、ショップなど特定の場所に足を運んでもらいたい場合には、来店するとお得な特典がついていると宣伝したり、先着何名までプレゼントがもらえるなど、足を運ぶことによってお客様にメリットがある内容になっていることが多いのです。

 

会社ホームページにどんな写真やイラストを掲載するのか、その数はどのぐらいにすれば良いのかは、企業が販売しようとしている商品やサービスによって異なりますから一概に何点までが良いという線引きはできません。


写真がメインのサイトになってしまわないように気をつけながら、ホームページのアクセント的な立場で掲載することは楽しく華やかで動きのあるサイト作成には必要ですし、サイトのストーリーをサポートするような感じで活用してみると良いでしょう。