読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

見た目やデザインだけを重視した会社のホームページはダメ!

デザイン会社にホームページ作成を依頼する場合でも、社内スタッフに任せる場合でも、ページ作成の際には最初にネットをサーフィンしながら、気に入ったデザインや雰囲気のページをピックアップすることが多いのではないでしょうか。

 

ネット上には多種多様なサイトがありますし、その中から気に入った物を見つけて自社サイトの作成の際に役立てることによって、頭の中で描いているイメージに近いサイトへと仕上がります。

f:id:find-search:20150614084649j:plain

しかし、頭の中で思い描いているサイトに近い仕上がりになっても、それが決して企業のホームページとして完成度が高い仕上がりになっているかと言えば、必ずしもそういうわけではありません

 

販売したい商品やイメージに合わせてデザインの計画を練ろう!

自営業や、中小企業の場合には、ビジネスオーナー個人の好みでサイトのイメージを決めることが多いのですが、個人の好みにはあっていても、

 

それが企業が販売しようとしている商品やサービスのイメージとは全く合わなずに失敗したり、個人的な趣向が強すぎて企業のサイトとしては不自然な仕上がりになってしまうことが少なくありません。


例えば、生鮮食品を販売しているサイトなのに、ガーリーチックなキラキラした感じのサイトでは、販売する商品とホームページがチグハグになってしまいます。

 

そうならないように、サイトのカラーやイメージ、雰囲気などは、どんな商品やサービスを販売しているのかをよく考えながら決めることが必要です。

 

 

サイトに載せるイラストなども、企業の目的や意味と関連しているものを選ぶようにしましょう。見た目にカッコいいサイトや、オシャレなサイトで個人的にはとても気に入った場合でも、それが自社のサイトにマッチするわけではありません。

 

それでは、ネットサーフィンをしながら、他のサイトのどんな点を参考にしたらよいのでしょうか?参考にできるのは、ページ構成や機能、コンテンツの配置など、機能面やソリューション面は参考にすると良いでしょう。


もちろん、完全にまねてしまったのではオリジナリティがありませんし、企業イメージに合わないチグハグ感が出て失敗作になってしまいます。


いろいろなサイトを参考にしながらも、最終的には自社のサイトを見に来てくれるお客様の目線に立って、使いやすくて知りたい情報がすぐに見つかるようなサイト作成を目指したいものです。