読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

自営業や中小企業のホームページは小さな商圏で稼ごう!

せっかく自営業の方や中小企業の方が、会社のホームページを開設したにもかかわらず、ほとんどアクセスが来ないという失敗パターンは少なくありません。

 

これはWEBが持っている特徴や目的をよく理解していない企業が陥りやすい失敗例の一つで、万人受け狙いのサイトになっていることが原因として考えられます。

 

実店舗で考えてみても、大人の服も子供の服も、レディース服も紳士服もバランスよく取り扱っている小さなショップには、意外と人は足を運ぼうとしないものです。

 

f:id:find-search:20150611231505j:plain

 


それよりは、レディースの服の身を取り扱っているセレクトショップやブランドショップの方が、レディースにとっては足を運びたいという気持ちになることが多いもの。WEBでも同じことが言えます。小さな商圏を作り出すこと。これが非常に重要です。

 

万人に無難なアピールをしても、それが集客やビジネス利益に結び付くというわけではないのです。

 

ターゲットを絞れ!大企業に勝つためのホームページの内容とは?

中小企業には、大企業にはない魅力や便利さ、手軽さがなければ大企業に立ち向かうことはできません。ホームページでも、アクセスが来ないトラブルを抱えている場合には、

まずはサイトがどんなターゲットに向かって問いかけているものなのかをよく考え、中小企業ならではの魅力や特徴を上手に生かしたサイト作成をしてみると良いでしょう。

f:id:find-search:20150611231412j:plain


スーパーのすぐ近くにコンビニがあっても、コンビニにはコンビニの魅力があるので生き残ることができます。

 

ネット上でも同じで、特定のターゲット層を惹きつけるサイトを作ったほうがアクセス数にも結び付きやすくなりますし、ビジネスチャンスや企業利益にもつながりやすくなります。


中小企業の中には、特定のターゲットに絞ってしまうことによって潜在的なお客様を逃してしまうのではないかと恐れる企業がたくさんあります。

 

ターゲットを絞ることを恐れるあまり、万人に対して無難なサイトになってしまうわけですが、「可もなく不可もない」サイトでは独りよがりな自己満足になるだけですから、

 

取り扱う商品やサービスに関して、徹底してマーケティングや市場調査を行い、適切なターゲット層へと絞ることによって、

ビジネスチャンスをワンランク上のレベルまで広げてみてはいかがでしょうか。


実店舗の場合には、その商品を取り扱うショップがそばになければ利益につなげることも可能ですが、ネットの場合には実店舗のような距離は関係ありませんから、他社との差別化をしっかり図りたいものです。