会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

客から資料請求されやすい会社のホームページの作り方

会社ホームページを作成する目的は、企業によって様々ですが、中小企業の場合には、ホームページを利用して、そこからお客様に資料請求してもらうことが、顧客獲得につながりやすくなります。

 

会社ホームページを使って商品やサービスを販売したいと考えている企業の場合には、ネット販売の売上がアップするようなサイトを作成したいと考えていることが多いのですが、

 

ネット販売は実店舗での販売よりも購買率はとても低く、100人がそのサイトを訪れても、実際に商品購入につながるのは平均すると1人もしくは2人程度と言われています。

 

f:id:find-search:20150611230354j:plain

特にホームページを開設したばかりの頃には企業やサイトの信用も知名度もありませんから、なかなか購買には結び付きにくくなります。

 

顧客の気持が変わる前に販売しよう!資料請求からの購入率は高い!

 

そこでおすすめなのが、会社のホームページを訪れて興味や関心を持ってくれた人から資料請求をしてもらい、そこでより詳細な商品やサービスについての説明を行ったり、セールス活動を行うという2ステップを踏むビジネス方法です。

 

サイトを訪れた人全員が強制的に資料を請求するというわけではなく、その商品やサービスに興味を持ったり関心を持っている人だけが自主的に資料を請求してくれるのですから、

 

その時点でそのお客様は購入しても良いかなと考えているわけです。 そして、資料を見てますますその商品が気に入ったなと思っている所に営業マンがセールス活動を行うことによって、購買に結び付きやすくなります。

 

ネットショップの場合には、企業側から働きかけることができませんから、ネットを訪れたお客様が、販売している商品を気に入った場合でも、「今はいらないか」と気持ちが変わってしまったり、時間がたって忘れてしまうことによってビジネスチャンスを逃しやすくなってしまいます。

 

2ステップを踏むことによって、可能性のあるお客様を確実に集客できるのが、このビジネス戦略のメリットです。  

 

お客様が請求する資料では、顧客が求めている情報や、知りたいと思っている情報をふんだんに盛り込み、充実した内容にすることが必要です。

 

千差万別なライフスタイルのお客様たちが、「こんな商品やサービスがあれば、生活がもっと楽になる」とニーズを満たしてくれるようなものなら購買につながりやすいですし、「これがあれば困っていることが解消できる」と悩みを解決できるという気持ちにすることが、資料が果たす役割となります。