会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社のホームページに適切な文字数や文字量は?

より多くのお客様に、提供している商品やサービスに対して関心を持ってもらうためには、お客様目線に立った会社ホームページづくりが必要不可欠です。

 

企業側にとっては見やすくて満足なサイトでも、お客様が知りたいと思っている情報が掲載されていないのでは、集客にはつながりません。

 

f:id:find-search:20150610101216j:plain

ファッショナブルでオシャレなページデザインよりも、コンテンツを充実させることが、中小企業のビジネスで効果的に利益に結び付けるコツとなります。

では実際に難文字ぐらい書けば良いのか?解説しようと思います。

 

最低600文字!できれば1000文字書かないとアクセスは来ない!

 

ページのコンテンツを作成する際には、まずお客様が知りたいと思っている情報や内容をテキストで作成すると良いでしょう。

 

最初にテキストで作り、後から画像のデザインや配置など全体的なバランスを整えることができます。最低でも一ページに600文字。できれば1000文字以上は書いた方が良いですよ。

 

最初に画像を配置してから文字を記入しようとすると、どうしても開いているスペースに対して文字量を調節してしまうことになるため、掲載したい情報を全て伝えられなくなってしまうかもしれません。

f:id:find-search:20150610101252j:plain

中小企業の会社ホームページの作成を専門業者に依頼する場合には、文字量が多くデザイン面で手間がかからないサイトの方が、

 

制作費用を安く抑えることができます。 お客様目線に立って、知りたい情報を充実させることを考えれば、華やかでオシャレなデザインでなくても、文字中心のサイトを作るという方法も良いでしょう。

 

また、あらかじめテキストでコンテンツを作っておけば、デザイン会社にサイト作成を依頼する場合でも、文字をコピペするだけなので手間がかからずにコスト軽減につながります。

 

 中小企業に限らず、商品やサービスを提供する場合には、まず最初にお客様に対して商品やサービスに関する詳細な情報を伝えたほうが、ビジネス利益につながりやすくなります。

 

お客様にとっては、半信半疑な状態なのにお金を払いたいという人はいませんし、商品やサービスに対して納得して「欲しい」と思って購入するからこそ、口コミで評判が広がったり、草の根マーケティングにつながるのです。

 

情報提供する文字量と売り上げは比例すると考えても決して言い過ぎではないのです。ホームページ作成の際には、そうしたことも意識しながら、テキスト中心のサイトを作成することから始めてみてはいかがでしょうか?