読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

業者に会社のホームページのSEO対策を任せ過ぎると後悔しますよ

インターネット上に会社ホームページをアップする際には、お客様が検索エンジンで商品やサービスを探している時に、できるだけ検索結果の上位表示された方が目につきやすくなります。

 

そうした検索エンジン最適化を行うことをSEO対策と呼びますが、対策方法はいろいろなテクニックや方法があり、どの方法がそのサイトに適しているのかは異なります

 

f:id:find-search:20150610094425j:plain

ホームページの制作はデザイン会社に依頼しても、SEO対策やセキュリティ対策まで専門の業者に依頼してしまうと、

 

中小企業にとっては予算がオーバーしてしまうほどコストがかかってしまうため、これらの対策は自社でノウハウ本やマニュアル本を見ながら独自に対策を講じる企業が多いのですが、失敗する可能性も高いので注意しましょう。

 

 

会社ホームページの基本はキーワードを軸にしたSEOで良いのです!

専門的な知識や経験が少ない人にとって失敗しやすい原因の一つに、キーワード選定があります。お客様がインターネットの検索エンジンを使用する際には、大半の場合、キーワードを複数入力することによって該当するサイトが検索結果として表示されることになりますが

 

このキーワード選定に失敗すると、提供している商品やサービスはそのお客様にとってはピッタリでも、ネット上でサイトを見つけられないためにみすみすビジネスチャンスを逃してしまうことにもなってしまいます。


キーワード選定は、商品やサービスに関係している的確なものを選ばなければいけませんが、商品やサービスの専門性が高くなると、

 

キーワードの選び方も難易度が高くなってしまい、対策を講じる企業にとってはついつい専門性の高い業界用語や難しい単語などを使ったりしてお客様との距離が遠くなってしまいます。

 

そうしたトラブルを出来るだけ抑えるためには、常にお客様目線で理解しやすい会社ホームページ作成を心がけると良いでしょう。

f:id:find-search:20150609135728j:plain

SEO対策のためのマニュアル本やノウハウ本には、難しい技術が紹介されていることも少なくありません。

もちろん、技術的にはとても有効ですし、まったく対策方法が分からない人にとっては有意義な情報が集結されていることは間違いありません。


しかし、キーワードにとらわれるあまり、サイトの内容が薄っぺらくなってしまったり、逆に本来の目的や意味から外れてしまうようなホームページにならないように気を付けたいものです。