会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

安いレンタルサーバーで会社のホームページを運営できるか?

自営業者が会社のホームページを作成したら、ネット上で公開するためにドメインを取得して、サーバーを管理する作業が必要となります。

 

ドメイン取得には数千円程度しかコストはかかりませんが、サーバーの場合には、購入して社内で管理保守するのか、それともレンタルで格安サーバーを利用するのか,

 

f:id:find-search:20150608080744j:plain

もしくはクラウドサーバーを使うのかなど、方法によってかかるコストが大きく異なります。その中でもできるだけ費用を抑えたい企業の場合には、レンタルで利用できる格安サーバーがおすすめです。

 

初めは格安の共用サーバーで十分

レンタルサーバーは購入する場合と比べると圧倒的に格安に利用できるのがメリットです。毎月数百円程度のお得なものもあれば、数千円ぐらいかかるものまでありますが、費用の違いはシェアできるユーザーの数で決めると良いでしょう。

 

例えば、アパートを複数の人とシェアする場合とイメージしてみてください。家賃が50万円のアパートを10人でシェアする場合には一人当たり5万円になりますが、100人でシェアするなら1人あたりはわずか5000円。

 

レンタルサーバーはそのような仕組みになっています。格安のサーバーは、大勢で回線をシェアすることによって、一人当たりの費用を安く抑えることができるという仕組みになっています。

 

f:id:find-search:20150608125803j:plain

 

大勢で回線をシェアすることによって、考えられるリスクもあります。それは、大勢が一度に回線にアクセスしようとすると、回線がパンクしてしまったりしてビジネス利益にとって大きなマイナスのダメージを与えてしまうという点です。

 

もちろん、格安レンタルサーバーは必ずこうしたトラブルを起こすというわけではありませんから、たくさんラインナップされているレンタルサーバーの中から万が一のトラブルなども想定しながら商品選びをするようにしましょう。

無料のサーバーはリスクが多すぎる

企業ホームページにかかるコスト削減を徹底したい場合には、無料サーバーを利用する方法もあります。

 

しかし、無料で利用できるというメリットはあるものの、無料だからと犯罪に利用する人がいたり、利用者側も使い捨て感覚で利用することも多いため、ビジネスにとっては信用を大きく損ねる結果になりかねません。


しっかりした安定したビジネスを運営するなら、きちんとドメインを取得して、格安でもきちんと保守管理されている有料のサーバーを利用したほうが安心です。