読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

計画が大切!会社のホームページを作る前に考えるべきこととは?

会社ホームページを自作する際には、本来どんな目的で作成するのか、その意味をよく考えながらコンセプトを作ると、利益につながりやすいページに仕上がりやすくなります。

 

自分がお客様に伝えたいメッセージや情報などはたくさんあっても、それをお客様が知りたいと思っているかどうかは分からないものです。

 

独りよがりな宣伝サイトになってしまわないためには、お客様の目線に立って、お客様が使いやすくて知りたい情報をすぐに見つけることができるようなホームページを作ったほうが、企業の利益につながりやすくなります。

f:id:find-search:20150603141813j:plain

情報を整理しないと会社のホームページを見てもらえません。

ハッキリとした目的意識を持ち、意味のある会社ホームページにするためには、まず見やすいデザインであることが大切です。

 

ゴチャゴチャしていたり、どこに何がかかれているのかよく分からないようなデザインでは、お客様にとっては見る気がなくなってしまいます。

 

情報はしっかりと整理し、分かりやすく端的に伝えるように心がけましょう。また、探している商品へたどり着く方法を複数準備しておくことで、より分かりやすく使いやすいホームページに仕上がります。

f:id:find-search:20150603142024j:plain

ネット環境とコンテンツのバランスを考えよう

会社ホームページを作る場合には、とかく失敗しやすい点もあるので注意しましょう。まず、パソコンの動作速度に影響することなく動画やイラストを表示できるフラッシュ機能は、動きのある活発なホームページを作るためにはぜひ活用したい機能です。

 

しかし、あまり多用しすぎてしまうと、ゴチャゴチャした雰囲気になりますし、恰好よく見えなくなってしまいます。

 

また、簡潔に情報をまとめすぎていて、商品やサービスの説明まで簡潔になりすぎてしまい、お客様に商品の良さや他社との差別化されている部分についての情報を伝えられなくなってしまうこともあります。

 

簡潔にスッキリまとめる部分と、詳細に細かい部分まで紹介する部分のメリハリをつけることも、ホームページ作りには欠かすことができないテクニックと言えるでしょう。


一つのページにたくさんの情報を詰め込みすぎず、適度にボタンを使いながら、お客様が簡単に情報を収集できて、探しているページにたどり着きやすいページ作りの工夫をすることで企業目的を果たすことができますし、意味のあるページになります。