会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

自力でも会社のホームページを作ることはできますよ!

会社ホームページを作ろうと考えた時、専門の業者に依頼したほうが良いかなと考える人は少なくありません。

 

確かに、専門の制作会社に依頼すれば素晴らしい仕上がりになりますし、すぐに使えるホームページを作ることができるでしょう。

 

しかし、そうした業者に依頼すると、制作費用だけでも何十万円と言う出費になってしまうため、できるだけ経費を節約したい企業なら、会社ホームページを自作することによって利益を最大限に出すことができます。

 

f:id:find-search:20150603141513j:plain

会社ホームページを自作する際の注意点

 自作する場合には、社内にホームページ作成についての知識や方法を知っている人が業務として作るわけですが、この方法だと後からホームページを拡張する際にもサッと取り掛かることができますし、

 

ページのメンテナンスコストも最小限に抑えることができるというメリットがあります。 ホームページを自社作成しようと考えたら、まずはメリットとデメリットをよく理解した上で、自社にとってどちらの方法が適しているのかを判断しなければいけません。

 

まず、自作するメリットは、制作コストを安く抑えられるだけでなく、メンテにもコストがかからないという金銭的なメリットがあるだけでなく、いつでも自由にデザインを変更したり更新することもできるので、

 

社風や社の方針に合わせてサッとホームページに反映できるという特徴があります。 一方、デメリットは、社内に制作できる技術や知識を持つ従業員が必要ですし、

 

そうした知識や技術がある人でも勉強しながら制作することになるため、時間や手間、労力がかかるという点があり、必ずしも利益につながるというわけではありません。

f:id:find-search:20150603141547j:plain

自作だけにスキルの差がそのまま出ます

また、会社ホームページはネット上で世界中に発信する企業の名刺代わりとなる素材ですから、センス良く仕上げるための努力や工夫なども求められます。社内にそうした人材がいない場合には、そうした点がデメリットになってしまうこともあります。

 

企業のホームページは、大企業の場合には社内に人材を多く抱えているので自社制作することが多いですし、中小企業の場合にも作成ソフトなどを利用することによって、簡単に作りやすくなっています。

 

ホームページ上に乗せる簡単な文章をタイプする文章作成能力などはもちろん必要ですが、頭の中でイメージできれば、ソフトを利用することによって難しい知識や技術がなくても時間をかけずにサッと制作することも可能です。