読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社のホームページに誰も来ない場合の改善策

せっかく会社ホームページを開設したのに、誰も来ない寂しいページになってしまっている、という悩みを持つ中小企業の経営者は少なくありません。

 

ネットに公開すれば、世界中の人達が見ようと思えば閲覧できるわけですが、WEB上に無数に存在しているサイトの中から特定のサイトを見つけてアクセスするためには、ユーザーがアクセスしやすい環境を整えることが必要不可欠です。

f:id:find-search:20150602074734j:plain

訪問者が一向に増えない理由

誰も来ない理由はいくつか考えられます。まず一つ目は、SEO対策ができていないために、検索エンジンを使ってキーワード検索をかけても上位ページに表示されないから発見されないまま埋もれている場合があります。

 

この場合には、ブログなどを活用してページを拡張し、タイトル部分にキーワードを自然に入れることによって、上位ページにヒットしやすいホームページへと変身することができます。

 

ただし、キーワード設定の際には、ユーザーの傾向をしっかりとリサーチし、検索されやすいキーワードを設定することが大切です。

 

また、ターゲット層をしっかり設定していない場合にも、誰も来ないサイトとなってしまう可能性があります。実店舗を見てみても、多くの場合には特定のターゲットが設定されているものです。

 

メガネショップなら資力が悪くてメガネやコンタクトが必要な人をターゲットにしていますし、アパレルショップでも男性女性などの性別だけでなく、ターゲットとなる年齢層をしっかり定めたマーケティング展開がされているものです。

 

会社ホームページでも、しっかりとターゲット層を定めたほうが、訪問者の数も確実に増やすことができますし、しいては売上アップにもつながります。

 

中小企業が取り扱う商品やサービスは、差別化がしっかりできていなければ誰も振り向いてはくれないものです。

 

大規模なスーパーのすぐそばにコンビニが建っていても生き残っているのは、コンビニにはスーパーにはない要素がたくさんあるからです。

 

営業時間や厳選された商品数など、スーパーとの差別化を図ることによって顧客獲得につながります。企業のホームページでも、他社の製品とは違う点をしっかりとアピールし、差別化を図ることによって、固定ファンが増えて売上アップにつながっていきます。