会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社ホームページの失敗パターン

会社ホームページ作成にどれほど費用をかけても、それが必ず成功して売上アップにつながるという保証はどこにもありません。

 

低コストでも大成功を収めることができるホームページもあれば、コストばかりがかかってもまったくマーケティング戦略としては失敗作のホームページもあるのです。

 

失敗例を見てみると、多くの場合、会社ホームページのトップページを見ても、どんな商品やサービスを販売している企業なのかイメージがつきにくいことが多いものです。

 

f:id:find-search:20150602072523j:plain

訪問者を無視したトップページデザイン

例えば、新鮮な野菜をネット販売している企業なのに、トップページで「新鮮な魚」の写真が大きく掲載されていれば、ページを訪問したユーザーには、その企業が野菜を販売しているということは伝わりにくいものです。

 

また、IT系のハードウェアを取り扱う企業なのに、トップページがメルヘンチックで女性の個人ブログページのようなデザインだと、どれだけ機能的な会社ホームページでも、ミスマッチでビジネス戦略的には完全な失敗例となってしまうでしょう。

 

商品と関連付けたホームページになっていない

中小企業がホームページを委託する際には、少しでも希望に近いものを作ってもらうために、ネットサーフィンをしてイメージに近いページを提示して「こんな感じに」と依頼することが少なくありません。

 

そのため、仕上がったホームページを見ると、確かにイメージに近くて満足できる仕上がりになっていることが多いのですが、

 

それが企業が取り扱っている商品やサービスと関連づけられているかと言えば、必ずしもそういうわけではありませんし、場合によっては経営者の個人的趣味に基づいた独りよがりなデザインになってしまうこともあるのです。

 

 

こうした失敗をしないためには、サイトを訪問するユーザー目線で考えてみると良いでしょう。

 

企業側の目線で考えると、どんなデザインでも商品の説明ができていたり、商品を購入しやすくデザインや機能を工夫すれば、きっと売り上げは伸びるはずと期待してしまいますが、ユーザー目線でそうしたページを見ると、どのページでも商品をゴリ押ししているサイトにしか映りません。

 

商品の紹介をする際には、ユーザーにとってその商品を使うとどんなメリットがあったり、どんな効果があったりするのかを丁寧に説明したり、社内スタッフで実際に使ったことがある人の口コミや感想を紹介するなど、工夫してみると良いでしょう。