会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

商品の説明を会社のホームページでさりげなくするコツ

会社ホームページをうまく活用して、取り扱っている商品やサービスの売上アップにつなげたい場合には、どんな内容をどんな風に書いたら良いのか、コツをしっかり押さえておきましょう。

 

中小企業にとっては、会社のホームページは自社の商品を思う存分紹介できる絶好の機会です。市場にはライバル会社から似たような商品がたくさん販売されているので、その中で自社の商品を選んでもらえるように説得力のあるセールストークが必要不可欠となります。

 

 

まず、商品についての詳細な説明だけでなく、その商品を使うことによってどんな効果が期待できるのか、他社の商品と比べてどのような独自性があるのかなどを簡潔にまとめ、ホームページを訪れた見込み客を説得することができます。

 

他社との差別化を強調することは、購買率のアップにもつながる有効な方法ですが、その際には決してライバル会社の商品を「使いにくい」「効果がない」などと叩いたりすることがないように注意しましょう。

 

自社製品を分析して、特徴を強調する方法は、売上アップに大きな効果が期待できます。

f:id:find-search:20150601173730j:plain

ライバルと顧客の分析は入念にしよう!

自社の製品を分析するだけでなく、顧客を分析することも大切です。会社ホームページにはっきりと、ターゲットとする顧客層を明記するわけではありませんが、ターゲットをある程度絞り込んで、特定の客層に働きかける方が、最終的な売上アップにはつながりやすくなります。

 

例えば、アンチエイジング効果のあるスキンケアを販売するメーカーなら、ターゲットは年齢肌が気になる年代の女性に絞り込むことができますから、その商品を使うことで年齢肌にどんな効果があるのかなどを紹介することで、お客様から共感を得やすくなるのです。

 

ライバル社をよく理解することも必要です。会社ホームページでライバル社についての表記をするわけではありませんが、

 

市場にどんなライバル社がいて、どんな競合商品が出ているのかを理解することによって、ホームページにどんな内容をどんな風に記入したら良いのかが把握しやすくなります。

 

言葉でははっきりと明記しなくても、表現方法を変えることによって、見込み客に「他社の商品ではなく、この商品が欲しい」と思わせることができるのです。