読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

顧客目線のホームページを作るコツ

無限の可能性を秘めているWEB上に会社や取り扱っている商品・サービスの宣伝活動ができるホームページは、正しい方法で運営すれば集客につながりますし、売上アップも期待できる絶好のマーケティング方法となります。

 

しかし、間違った方法ですると、ユーザーから共感を得られないどころか、ユーザーから批判されたりブログが炎上するなど、ページ閉鎖に追い込まれる悲劇が起こらないわけではありません。

 

取り扱っている商品やサービスが売れるホームページを作るためには、いくつかのコツを抑えておきましょう。

f:id:find-search:20150601172558j:plain

顧客目線のホームページの内容とは

まず最初に、企業目線ではなくユーザー目線で書かれているかどうかが大切です。お客様が知りたいと思っている情報がかかれているのか、一方的な押し売りページではなく、その商品を使うことでお客様にどんなメリットがあるのかがユーザー目線で書かれているかどうかは、売れるかどうかを決めるコツです。

 

当たり前のことですが、サイト全体を通して一貫性がなければいけません。企業のサイトは多くの場合、複数のページになっていることも多いですし、サイトの管理は複数の社内スタッフが持ち回りで行うことが多く、とかく一貫性がなくなってしまう場合があります。

 

一貫性がなくなると、社内スタッフは気づかなくてもWEBのユーザーはすぐに気が付くものです。企業の信頼感をダウンさせる原因となり、売れるものも売れなくなってしまうので気を付けましょう。

 

企業の本来の目的は、商品やサービスを販売することですから、サイト上で取り扱っている商品やサービスに関してセールスを行うことは、まったく問題ありません。

 

しかし、その商品を使うことによってお客様にどんなメリットがあるのかを書くことと、とにかくお得だから買ってほしいとアピールするのでは、読んだ側の印象が全く変わります

 

お客様がその商品やサービスを買いたいと思えるようなコンテンツ作成を目指すことが、企業の売上にもつながるマーケティング戦略と言えるでしょう。

 

また、ビジネスシーンでは、同じことを何回も繰り返すことは相手に不快感を与えるのでNGですが、ホームページにおいては一度だけでは相手に十分に伝わっていないことが多いため、同じことを少なくても3回は繰り返して伝える工夫が必要です。何度も聞くことによって、お客様の頭にそれがインプットされて、購買意欲をかきたててくれるのです。