会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社ホームページの集客の工夫!できることとできないことを知ろう!

中小企業にとっては、WEB上に会社ホームページをアップして、企業の存在や取り扱っている商品やサービスについてより多くの人に知ってもらうことは、集客効果がバツグンにありますし、工夫次第では売上にも結び付きます。

 

サイトを立ち上げたばかりの頃には1日に数人程度しか訪問しない場合でも、地道にマーケティング戦略を継続することによって、口コミや評判などで知名度がアップして、商品やサービスの購買率のアップにもつながります。

 

集客するための工夫はいろいろな方法があります。まず、会社ホームページのデザインはとても大切です。企業のことをまったく知らないお客様がネット上で見つける企業のサイトは、言ってみるなら会社のパンフレットとかチラシと同じような役割をしています。

 

f:id:find-search:20150601143104j:plain

集客に差がつく部分はプロにまかせよう!

明らかに素人が自作したようなパンフレットよりも、プロが作成したことが分かるような完成度の高い出来栄えのものの方が、お客様にとっては購入意欲がわきますし、企業に対する信頼感も異なります。

 

企業のサイトにも同じことが言えます。ホームページ作成ソフトを利用して自作することも可能ですが、自信がなかったり専門的な知識や技術がない素人が自作するよりは、費用をかけても専門の業者に依頼したほうが、仕上がりが大きく異なるだけでなく、信頼感にも大きな影響があります。

 

自分のスキルでどこまで可能なのか?それを知ることが重要です。全てを自力でやろうとすると逆効果になることがあります。

 

個別記事のSEO対策は自分でも勉強しよう。

ネット上に素晴らしいサイトをアップしても、誰にも気づかれないのでは集客に結び付きません。そこで、お客様が検索エンジンを使ってキーワード検索をかけた時に、できるだけ上位ページに表示されるようなSEO対策もしっかりと行っておきたいものです。

 

エンジンは、コンテンツの内容の中からキーワードをピックアップし、できるだけユーザーの検索キーワードに近いものを上位ページに表示しています。

 

そのため、コンテンツを決める際には、タイトル部分にしっかりとキーワードを入れたり、ブログなどを使ってページ数を増やすことによって、多方向からお客様を企業ページへ誘導しやすくなります。

 

少しでも多くの人にサイトの存在を知ってもらえれば、それが企業の売上にもつながりますし、長期的にはマーケティング戦略も兼ねてセールスを行いやすい基盤を作ることも可能です。

 

メルマガ配信や資料請求など、見込み客の獲得ができる機能を追加することも、有効で効率的な戦略の一つです。