会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

会社のホームページ安く委託する場合は複数の業者を見比べよう!

会社ホームページ作成を専門の業者に依頼する際には、業者ごとに料金設定が異なりますから、一社だけから見積もりを取って決めるのではなく、必ず複数の業者から見積もりを出してもらい、

 

一つ一つの内訳にかかる費用を比較検討しながら業者選びをすることが大切です。

 

業者を選ぶ際には、費用だけで決めるのではなく、どんなサービスが付いているのかもしっかりと考慮することで、会社のホームページ運営もしやすくなります。

 

f:id:find-search:20150601085222j:plain

適正価格を提示している業者を調べることが大切!

会社ホームページ作成を業者へ委託する際の注意点は、まず価格が適正料金かどうかを知ることが必要です。通常の場合、ホームページ作成を委託する場合には数十万円がかかるのが一般的で、ページ数が増えれば価格も高くなり、100万円近になることも珍しくありません。

 

また、お客様からの申し込みフォームなど有料の機能が増えることでも作成料金はアップしますから、そうした点を複数の業者でしっかりと比較して、あまりにも高すぎる業者や、不審な程に安すぎる業者は控えたほうが安心です。

 

値段でだけはなく、実例を見ること

価格だけで決めてはいけません。会社のホームページは企業にとってはパンフレット的な役割を果たし、会社の顔ともなる存在です。そのため、サイトの見た目や機能など、質にもしっかりこだわりたいものです。

 

ホームページ作成業者の多くは、過去に作成したサイトをいくつか紹介してくれるので、それらを見ながら、イメージに近いサイトを作っている業者を選ぶと良いでしょう。満足度が高い仕上がりになりやすくなります。

 

自力で更新できないと追加予算が膨らみます

また、予算が限られている中小企業にとっては、ホームページを作るだけでなく情報を更新したりする際の手間や労力もチェックしたい注意点です。

 

専門家が作ったホームページの中には、情報を更新するだけでも専門的な技術や知識が必要となるために素人では難しかったり、場合によっては素人は更新することもできないというケースが少なくありません。

 

情報を更新するたびに更新料がかかるのでは、予算が限られている中小企業にとっては大きな出費となってしまいますから、保守やメンテの部分も含めて良く打ち合わせをしながらサイト作成を進めてもらうようにしたほうが安心です。

 

理想的なのは、情報更新は自社でできるホームページを作ってもらう事。不具合が出た時のみサポートしてくれる制作会社を探すのも良いでしょう。