読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

予算10万円台で会社のホームページを作成する場合の注意点

会社ホームページを専門の業者に委託する場合には、初期費用として数十万円、そしてメンテナンスやサイト運営費用などで毎月数万円の経費がかかることが多いものです。

 

しかし、中小企業にとっては初期費用の数十万円でもかなり痛い出費になりますし、その後も毎月数万円が経費として掛かるのでは、ホームページを作る意味や目的が分からなくなってしまうことも少なくありません。

 

出来るだけ格安で会社ホームページを作りたく、予算もできれば10万円以内で抑えたいという場合には、不可能ではありませんがいくつか注意したい点があります。

f:id:find-search:20150531214852j:plain

自力でできる所は努力してホームページを制作しよう

まず、ホームページ作成は業者に委託するのではなく作成ソフトを使って自作したほうが良いでしょう。

 

作成ソフトの中には有料で数年間最新の状態に補償してくれるサービスがついているものもありますが、できるだけ安く抑えたい場合には無償のものを選んでもホームページ作成に関してはあまり大きなダメージはありません。

 

ホームページ作成ソフトの多くは個人ユーザーを対象にしているので、どうしても仕上がりが個人ブログ風や個人ショップ風になりやすくなってしまいます。できるだけビジネス的なデザインを選ぶなど心がけることで、ソフトを利用しても会社ホームページを自作することが可能です。

 

 

また、ソフトでは、顧客からのインプットを受けることができる申し込みフォームや購入フォームなどの機能がついていないことが多いものです。

 

そうした機能は後から追加することもできますが、その際にはある程度の知識や技術力が必要となるので、その部分だけでも業者に委託することで予算を10万以内に抑えることができます。

 

ドメイン名もこだわらなければ安くできます

ホームページを制作した後には、ドメインを取得したりレンタルサーバーを借りてネット上にサイトを配信しなければいけません。

 

レンタルサーバーは使用料が数百円~数千円程度の格安サーバーもありますが、ドメインはできるだけ有料でも「.com」「.co.jp」「.jp」などを選んだほうが、企業としての信頼感がアップします。

 

ドメインは年間数千円ぐらいの費用がかかるので、年間の経費にはこうした部分の予算も入れておきましょう。ドメインの中でも「.jp」は人気があって汎用性も高いため、年間使用料は4000円前後かかることが多いです。

 

しかし、「.com」や「.net」なら年間使用料金が半額ぐらいで済むので、経費削減も可能です。