読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社や中小企業ホームページの作り方-集客方法とコツ

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

企業ホームページのコンテンツの作り方とアイデア

企業ホームページは大企業から中小企業まで、企業の規模や業種に関わらず、世の中に企業の存在や提供している商品やサービスをアピールできる媒体として、多くの企業が行っているマーケティング戦略の一つです。

 

しかし、どのホームページにも共通していえることは、コンテンツがとても少ないという点ではないでしょうか。

 

大企業の企業ホームページを見てみても、取り扱っている商品やサービスが多ければ必然的にページ数は多くなりますが、

 

商品説明だけで終わってしまっていて味気ない内容になっていたり、商品説明ページを取り除いたらほとんど中身が残らない、なんてことも珍しくありません。

 

ホームページのコンテンツは、企業が発信したいと思っている情報を載せるのももちろんOKですが、基本的にはユーザー目線に立ち、お客様が知りたいと思っている情報やお得な情報などが充実した内容にしなければいけません。

 

コンテンツが充実したホームページでも、内容がユーザー目線に立っていないものは訪問者が少なかったり、企業の売上につながらないことも少なくありません。

 

 

ホームページを訪れるお客様は、それぞれ異なるライフスタイルですし、家族構成や欲しいと思っている商品なども異なります。そのため、サイト内で紹介する内容一つとっても、お客様によってどんな風に感じるかが異なりますし、どんな風に役に立つのかも異なることは、あらかじめ理解しておかなければいけません。

f:id:find-search:20150531212328j:plain

顧客のライフスタイルに合わせたコンテンツを作ろう

例えば、生鮮食品を取り扱うスーパーでは、同じ種類の野菜をまとめ買いできるサービスは、家族の人数が多い家庭にとっては魅力的ですが、少人数の家族にとっては無駄が多くなるため魅力的な内容とは感じないでしょう。

 

それよりも、少しずつたくさんの種類の野菜が入ってお得に購入できるサービスの方が魅力的だと感じるものです。

 

このように、ライフスタイルによってお客様にとってベストの内容が異なるので、すべてのお客様を平等にターゲットにすることは難しいのです。

 

企業ホームページを成功させるためには、まずはターゲットを絞り、特定のターゲットに働きかけるような内容に仕上げたほうが、企業の売上につながりやすくなります。

 

企業の最終的な目的は売り上げにつなげることですから、万人受けを狙うよりも特定のターゲットに的を絞ることも大切です。