読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者の会社や企業ホームページの作り方と集客のコツ!

自営業やサロン経営、中小企業の経営をしている方へ、無料で簡単にできるホームページの作り方や製作法、集客テクや費用の話をリアルにしてみようと思います。

素直に感動できた会社ホームページの見本がこれ!

失敗例と成功例

会社のホームページって宣伝色を出してもダメですし。かといって目立たない個性のないものを作ってもだめ。

 

今はやりのゲームアプリの大手企業なんかはSNSウケするコンテンツが作りやすいと思いますが、中小企業や個人の会社の中にはなかなかコンテンツ化するのが難しい分野に属している人もいますよね?

 

 この前も「建物家具」のオーナーさんと話してきましたが、現場主義の建築業界に長くいる方は、ITを使いこなすとう発想をみなさん持っていないみたいです(*´з`)

 

でもだからこそ、使いこなせれば莫大なチャンスがあるのでは?とうことで、私が最近素直に感動できたホームページの見本を一つ紹介

 

 

www.web-mihon.com

 

思わずクリックしたくなる会社ホームページの見本

 今回紹介するのはコンテンツ重視なのですが、さりげなく企業ブランドイメージとも結びつけている好例です。

f:id:find-search:20160608084727p:plain

 さすが大手の建築会社ということですが、単に会社の取り組みをアピールするだけではなく、教育面をコンテンツに入れている。

 

良く、ネットビジネスでは集客⇒教育⇒セールスと言いますが、この教育(顧客との信頼獲得)の部分が非常にうまくできています。

 

トップページから個別ページへ流れ、さらに最後は会社のホームページに誘導されるようになっている。

 

なかなか初心者では真似できない技術だと思いますが、プロにお金を払って作ってもらうのならばこのレベルを要求したいですよね?

 

f:id:find-search:20160608084654p:plain

 

つながる生き物を知ろう!

 

 

 見栄えだけでは宣伝と集客はできない!100記事は最低入れよう

 私もいくつかの会社のホームページの作成や宣伝方法について具体的なアドバイスはしているのですが、とにかく見栄え重視で、後からSEO業者を頼って上位表示などというバカなことをすると、いくらお金があっても足りません。

 

ドラッグのように一度手を出すとページ更新ごとに半永久的にお金がかかり、順位変動の恐怖から莫大な広告費を使ってしまうと思います。

 

それよりも、コンテンツ重視のブログを100記事も書けば、間違いなく予算数十万円以上の集客や宣伝の効果があると思います。

 

このめんどくささを抜きにしてホームページを作っても、ネットで誰にも発見されないゴミを作っているのとなんら変わりません。

 

よくよく注意してくださいね!

個性的な会社のホームページを作るには動画入りコンテンツが必須です!

売り上げアップと販促のコツ

会社のホームページって単に作って放っておけばアクセスが集まるものでもないし、PPCやリスティングを使って宣伝したところで売り上げや知名度が爆発的に伸びるわけでもありません。

 

特に小さな会社、知名度の低い会社はブログを書くだけでそう簡単にブランディングができるわけでもありません。

 

f:id:find-search:20160516185722j:plain

 

私が簡単に会社のホームページを宣伝するならまず、マスコットになる動物と、その動画コンテンツを先に作ることを考えます。

 

xn--z8j2b0mtcza8fza9mr151e.com

 

美人の受付嬢でもいいのですが、失敗すると単に下品な出会い系と勘違いされるので要注意です。ただ、そうはいっても硬すぎる会社のホームページは読まれません。

 

ですので動物マスコットの方が癖がなくてPRに最適です。

 

会社のホームページに動画を入れるときに超使えるツール

そこで今回お勧めしたいのが会社のホームページに簡単に他人の動画を使い、なおかつ自社のブランディングと収益化ができてしまうツールです。

 

名前を「You tube adds pro 」と言います!!

 

これはワードプレス上で動くプラグインなのですが、なんと他人の作った人気ユーチューブ動画の中に自社のブログやホームページのURLを入れてしまうというなんともずるがしこいツールです。

 

もちろん自社で作った動画を入れることも可能。PCやスマホのサイズに合わせて画像が最適化されるので、煩わしいタグ打ちやカスタマイズは不要です。

 

他社との共同作成動画を作って会社をPRしてみては?

最近競合他社どうしがコラボして、一つの宣伝PR動画を作成。それぞれの会社のホームページで宣伝という動きも出ています。

 

分かりやすいのはパズドラが他社のゲームキャラを採用するようなものです。

 

最近大前研一さんの著書を読んだのですが、そこでも温泉チケット、飲食チケットなどの地域ぐるみの共通チケットの話などがあり、一社でPRできない場合は他社も取り入れてPR活動をしていかなければならない時代になってます。

 

f:id:find-search:20160516191908p:plain

 

今まで自社のコンテンツに他社の動画を入れるなどはあり得ない話だったと思いますが、美容とアパレル。

 

スポーツと警備など、やり方によっては競合せずにウィンウィンの関係を築ける場合もありますよね?

 

www.youtube.com

 

大掛かりでなくても、ユーチューブがあればコストはかなり削減してPR動画を作ることが可能です。

 

ワードプレスで会社のホームページを作っている方はぜひとも動画コンテンツをどんどん導入して差別化を図ったほうが良いと思います!

 

写真なんかより圧倒的に目を引きますし、販促にも役立つはずですよ!